個人のお客様 of 株式会社きびコンサルタント~不動産鑑定~ 

文字サイズ 小|中|大|

きびコン ロゴ 青-170108update.gif


HOME > 個人のお客様

個人.gif

不動産の相続でお困りの方、相続の準備をお考えの方 LinkIcon

相続の日がやってくる前にご準備を
 不動産の相続にはトラブルが多いため、事前の準備のお手伝いをいたします。
また、税金の払いすぎが起こらない対策をご協力いたします。

適切な遺産分割のために
 第三者の立場から不動産鑑定を行い、遺産分割をお手伝いいたします。

離婚 LinkIcon

不動産鑑定士による公正中立な不動産評価により、公平な財産分与を
 離婚の際に頭を悩ませるのは、慰謝料以上に不動産の財産分与かもしれません。
そこで、注意しなければならないのが不動産会社による無料査定です。まず知っておいて頂きたいのは、「不動産鑑定士は不動産の鑑定評価を業として行うことが認められている唯一の士業」だということ。そして、「不動産会社は不動産売買の専門家であり、不動産鑑定の専門家ではない」ということです。つまり、不動産鑑定の資格を有しない不動産会社の査定では、夫婦それぞれの想いが反映し、査定額が大きく異なり、トラブルの原因となるケースが少なくないのです。
また、トラブルを引き起こした際にその査定を行った不動産会社は責任を追ってくれません。不動産会社による査定はあくまで物件の売却依頼を受けるためのツールだということをご理解いただいた上で不動産鑑定を依頼されるのが良いでしょう。

 離婚される方の多くは、様々なトラブルを抱えていることが多く、心の痛みは絶えません。そういった点からも、第三者的観点から客観的かつ理論的に不動産の価値を証明し、トラブルのない財産分与を行うため、不動産鑑定士による公正中立な不動産鑑定評価を依頼されるケースが増えているのが現状です。

売買・交換LinkIcon

 一般に不動産の売買は、売手と買手のそれぞれの希望価格が一致すれば成立します。そのため、お互いの合意があれば売買において不動産の鑑定評価を依頼する必要はないと思います。
 では、どのような場合に不動産鑑定評価が役に立つのでしょうか。

①個人間で行われる不動産取引
 中古不動産の取引の場合、売主は少しでも高く売却したいという希望があるため、相場よりも高い価格で売却をスタートすることがあります。売買に仲介業者が入っていれば、ある程度相場が考慮されると考えられますが、完全な個人間取引では特に注意が必要です。仲介業者を通さない個人間取引の場合、取引当事者は面識があることが通常です。不動産の適正な価格を見誤った取引によって売買後に「こんなはずではなかった」と遺恨を残さないためにも、公正中立な立場で不動産を客観的に評価する不動産鑑定評価が役に立ちます。

②個別性の強い不動産
 旧来から存在する農家住宅、丘陵地に造成された法面を有する住宅地、旗竿地等の不整形な土地、市街化区域内の農地、規模の大きな土地などの不動産は、個別性が強く価値の把握が困難といってよいでしょう。不動産の価額は、形状・規模・用途・接道方位・接道条件等によって大きく異なるので、個別性の強い不動産を売買・交換される場合は慎重に価格を決定する必要があるため、不動産の個別的要因に基づく市場性を十分に分析する不動産鑑定評価が役に立ちます。

③収益用不動産
 不動産投資を行うに当たっては、不動産の収益性を十分に検証する必要があります。現在得られている収入が中長期的に減少するのか、逆に増加するのか、また、将来の多額の費用発生の能性、コスト削減の可能性などを慎重に検討する必要があります。不動産鑑定評価は、市場分析、地域分析、当該物件の個別分析を行い、収益性を判断することから、投資判断に役立ちます。特にきびコンサルタントの収益分析は、賃料下落リスク、費用上昇リスク等の投資リスクについて、しっかり説明させていただいております。

人生最大の買い物に安心を LinkIcon

不動産購入時の物件調査
 購入時の不動産の調査を行い、レポートを提出いたします。
 仲介業者とは異なり、第三者の中立な立場で調査いたします。

移住のお手伝い
 岡山県内に移住をご希望のお客様に不動産情報を提供いたします。
また、購入予定物件の内覧代行を行い、購入予定物件について専門家の視点から調査結果を提供いたします。

これまでのご依頼紹介 LinkIcon

きびコンサルタントでは、これまで個人間売買、相続、離婚等などで不動産の適正な価格を証明したいというお客様のご要望に応えてまいりました。
ここでは、鑑定評価依頼の一部をご紹介いたします。

・隣接不動産を購入したいので、適正な価格を示してほしい。
・仲介業者に依頼せず個人間売買しようと思うので適正な価格を証明してほしい。
・等価交換をしたいので、それぞれの土地価格を評価してほしい。
・相続にあたって相続人間で遺産分割を考えているが、府増産の価値がわからないので評価してほしい。
・離婚にあたって、財産分与を考えており、所有不動産の価値を示してほしい。